×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

器具、手術によるダイエット

あるいは行動している状態、または既に細い体型である状態の事もダイエットといいますね。
筋肉は脂肪よりも単位体積あたりの質量が大きいので、同じ体重であってもその比率が異なると、体型も異なってきます。
同じ身長で、体重がより大きいにもかかわらず、体型が細くなることもあります。つまり「引き締まっている」と表現されることもあります。
ダイエットは、美容のための「手段の一つ」で、減量は、ダイエットのための「手段の一つ」です。
ここでは、器具、手術によるダイエットについて理論武装しましょう。

スポンサードリンク

器具によるダイエット

DF161_L.jpg

主に脂肪を器具によって燃焼させることにより部分的に減量することを目的とします。
減量のために用いられる方法にはさまざまありますが、最善策は現在のところ決定的とはいえません。
利用される方法は熱(サウナスーツ)、高周波、低周波、磁力など。ガードルも見た目をスマートに見せる意味で広義にこの範疇に含むことが出来ます。
マッサージで「脂肪のもみ出し」を行うことにより脂肪の流動性を高める、あるいは脂肪細胞を破壊し血中に溶出させ脂肪量を減少させる、と謳う方式もあります。
器具というには微妙ですが、物理的な外力による脂肪の減少効果を狙ったものとしてここに含めました。
結局のところ、血中に脂肪が溶出しても、再び体脂肪として蓄積されてしまうだろうということは予測できます。(再蓄積は別の部分だから、部分やせには良い、と謳われることもありますが、効果のほどは不明です)





では、ダイエット器具についての記事をそれぞれご覧になって下さいね。

手術によるダイエット

美容整形のうちの一つとして腹部などの皮下脂肪を切除したり、吸引する場合があります。結果として食事量の減少や摂取カロリー量の減少を期待する方法ではありますが、胃の一部を縛ったり、胃や腸の一部を切除したりするという方法もあるにはあります。
が、それは一般的ではありません。
参考文献: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright © 2007 ダイエット理論化武装〜器具・手術編